沖縄でダイブのレベルを上げていく

SANYO DIGITAL CAMERA
自分で潜水する事が出来るライセンスは「マスター」で、ダイビングを人に教える事が出来る資格は「インストラクター」です。

これらの呼び名はダイバーや団体で違ってくるのですが、意味は通用します。
そして、オープンウォーターとは潜水するという事です。

オープンウォーター・アドバンス・マスターは潜ってもいい深さが定められていて、その深さは約30メートルです。

深くまで潜れるという事はそのライセンスを持っている事になり、スクーバダイバーやオープン・ウォーター・ダイバーや、アドバンス・オープンウォーター・ダイバーそしてスペシャリティ・ダイバーという種類にレベル分けされています。

沖縄はやってくる観光客は多いと思いますが、同じくダイバーも多く、ライセンスを取得する事を目的としてやってくるダイバーもいます。

初心者や体験ダイビングというものでしたら短期間でプランを組む事が出来、ショップは様々です。

オススメダイビングショップ『BLUEZONE』:http://www.bluezone.jp/

bluezone

その沖縄ダイビングツアー沖楽によって食事が費用に含まれていたり、宿泊先が費用に含まれている場合もあるので、自分に合ったショップで申し込みをしましょう。

本当では真栄田岬、離島でしたらアイガーケーブルなどと他にもたくさんスポットもショップもあるので、詳しいガイドに聞いてみるものいいと思います。

真栄田岬のダイビング

新着情報

◆2014/03/04
沖縄でダイブのレベルを上げていくの情報を更新しました。
◆2014/02/28
サイト運営者の情報を更新しました。
◆2014/02/27
水納島の透明感を贅沢に感じようの情報を更新しました。
◆2014/02/27
真栄田岬でライセンスを取ってみようの情報を更新しました。
◆2014/02/27
初心者にはオススメ、ニシ浜の情報を更新しました。