米兵サンタ、養護施設に約70年

大阪市東住吉区の児童養護施設「聖家族の家」で暮らす子どもたちと米軍部隊の隊員との交流が戦後70年経った今日も続いているそうだ。終戦後、大阪駐屯中に支援を始めたヒュー・オライリー軍曹の遺志が引き継がれ、毎年12月には隊員が来日。今年も21日から隊員2人が訪れているという。1週間、子どもらと寝食を共にしながら、25日のクリスマス会では「サンタクロース」として隊員の家族からの心のこもったプレゼントをを一人一人に手渡す。
昭和24年、旧日本軍の兵舎を利用したバラック小屋の施設で外国人のシスターらが戦災孤児らの世話をしていた。近くで駐屯していた米陸軍第27歩兵連隊のヒュー・オライリー軍曹が、物資不足のなか食糧調達に苦心するシスターを見て、食糧や毛布、石炭などの物資の支援を始めた。その年の12月には子どもたちをぷ体のクリスマスパーティーに招待したという。当時オライリーさんはチョコレートやキャンディーをポケットいっぱいに詰め込んで施設を訪問しては子どもたちと遊んでいたそうだ。施設の子どもたちにとっては父親代わりの存在だったという。
今年も今月21日、隊員2人が聖家族の家を訪問。2~18歳の約140人が暮らす施設で交流を深めている。25日のクリスマスパーティーでは、サンタクロースとしてプレゼントを手渡し、子どもらはお礼に日本舞踊やフラダンスを披露することにしているそうだ。
オライリー軍曹が亡くなってからも遺志が引き継がれているというのは素晴らしいことだ。心温まる素敵なクリスマスとなりますように。

渡辺直美さん、国内のインスタグラムで快挙

渡辺直美は、ビヨンセのものまねで知られるお笑い芸人だ。ぽっちゃりした体型でありながら、俊敏かつコミカルにダンスを踊りあげ、一躍有名になった。12月3日インスタグラムが発表した「日本で人気の著名人がシェアした投稿の中で、最もいいね!が多かった写真」と「日本で最もフォロワーが増えた著名人のアカウント」で1位になるという2冠を達成したという。
彼女は、ファッションブランドのデザイン等も手掛けており、ファッションに興味のある若者からも熱い支持を得ている。インスタグラムは、自身のその日ファッションやメイクなどを発信する場として使う若者も多いので、そうしたことも2冠を後押ししたのだろう。
渡辺直美の他、三代目JSoulBrothersやEXILEのメンバー、モデルの水原希子、ローラなど、若者に人気のある面々が上位に挙がっている印象を受けた。