1錠8万円の薬は「安い」?

昨年9月に発売された薬が大きな話題となった。名前は「ハーボニー配合錠」驚きなのはその値段で、1錠およそ8万円。1日1回3ヶ月飲むので、合計の薬剤費は670万円以上に及ぶ。
新車が買えてしまうほどの値段だが、実はこの薬、「安い」と指摘する意見もあるのだそうだ。
この薬はC型肝炎という病気の治療に使われるそうだ。C型肝炎は、肝臓に「C型肝炎ウイルス」が感染することによって引き起こる。肝臓で炎症が起きやすくなり、肝臓の機能が衰えたり、がんができてしまう危険が高くなる。年間3万人近くが亡くなる肝臓がんの原因の80%がC型肝炎ウイルスとされ、感染者は国内に約110万~125万人いると考えられているという。
これまで、一度住み着いたC型肝炎ウイルスを追い出す方法がさまざま検討されてきたが、一部の患者にしか効かなかったり、副作用が大きかったりなど問題も多く、治療が難航するケースが少なくなかったそうだ。
ところが今回発売されたハーボニー配合錠は、新たな技術によってC型肝炎ウイルスの増殖を食い止めることに成功。過去の試験では参加した「全て」の患者に明確な効果が確認されたという、驚異的な成果を上げたという。非常に高額な薬だが、必要な患者には公費による助成金が適用されるため、自己負担は月額1万~2万円で済むそうだ。
とはいえ、1錠8万円以上の薬というのは、庶民の感覚ではさすがに高すぎる気がする。そもそも、薬の価値はどこで決まるのだろうか?
まず考えられるのは「命が助かるのかどうか」ということ。このままだと亡くなる人が、薬によって助かるとしたらとても価値があるだろう。もう一つは「健康に暮らせるようになる」という点。全身が痛くて歩けない人が、薬によって痛みが減り、普通に暮らせるようになればとても価値がある。
そして忘れてはならないのが「どれだけ効果があるのか」ということだ。ある病気の薬が2種類あったとして、飲んだ人の1%だけに効果が表れるものと、飲んだ人全員に効果が表れるものでは、当然後者の方が「価値」は大きくなる。
大ざっぱに言えば、薬の価値は「どれだけ命が助かるか」「どれだけ健康に暮らせるようになるか」で評価できそうだ。
これまでのC型肝炎の治療は、長期間でしかも副作用が大きく、患者が途中で治療を断念するケースも少なからずあったという。一方、ハーボニーは比較的短期間で治療を完了することができるため、多くの患者が治療を求めるようになるだろう。その結果、ウイルスを持つ患者が減れば新たな感染者が出るリスクを減らせるという意味で、社会全体の利益にもなる。
こう考えると、確かに「価格」だけを見ると高いように思えても、患者及び社会全体に与える「価値」からすれば安いのかもしれない。