女性死亡、看護師がインスリン過剰投与

国立病院機構長崎川棚医療センターは23日、20代の看護師が誤って、糖尿病の80代女性に本来投与すべき量の10倍のインスリンを投与し、女性が死亡する医療事故がありました。
女性は感染症や糖尿病のため8月8日に入院していました。
31日午前0時半に大量のインスリンが投与され、同日午前9時ごろ心肺停止状態で発見され、亡くなったとのことです。
看護師は専用の注射器を使用せず、投与前の複数人での確認も怠った上、女性の血糖値を測らずに架空の数値を2回にわたりカルテに記載していました。
看護師は「初めてやると知られたくなかった。1人でもできると思った」と話しています。
驚いてしまう言い訳だなと思いました。
人の命を預かっているお仕事ですから、もっと自分の行動に責任をもって行動してほしいものです。
本来仕事にミスはあってはなりません。
医療関係は特にそうだと思います。初めてやるので分からないというのなら、確認するということがとても大事です。